ウェブサイト移行のご連絡

Bacchus Guitarsウェブサイトにお越し頂きありがとうございます。Bacchusウェブサイトは下記urlにリニューアルいたしました。

http://www.deviser.co.jp/bacchusguitars

こちらのページは2017年3月半ばに閲覧できなくなりますのでご了承ください。

 

-------------

Click the link below to jump to Bacchus new website

http://www.deviser.co.jp/bacchusguitars


ウェブ検索 サイト内検索
Deviser ホームページはこちら
Deviser ホームページはこちら

希少材Flame Redwoodのご紹介!

こちらの褐色の木材。幅の広めなフレイム杢が出ていますが、Flame Redwoodという名の材でございます!

 

一見この「どちらを上にするか。。」と迷ったようなアウトラインが気になりますが(笑)現在企画中の限定モデルへの使用を検討しています。

杢は特に木地の状態ではそこまで目立たず、左の画像のように撮影する際も光のあて方によっては見え方が異なる不思議な模様です。

 

さてそんなレッドウッドという木材が気になったので多少調べてみました。

 

Redwood

スギ科セコイア属

アメリカの西海岸、カリフォルニア北太平洋岸に分布

樹高が100メートルを超える巨木、比較的柔らかく加工性に優れ、保存性も高い。ウッドデッキに使用されるなど、耐久性の面でも十分。

 

ざっとこういった材のようですが、ギターなど楽器への使用はそこまで多くないようです。

 

楽器的な面で見るとスギ科ということもあり、音質的にはスプルースに近いと思われます。実際に撮影する際この板を持ち運びましたが、メイプルやローズウッドに比べて明らかに軽く、素材の感触などもスプルースに似ている印象を受けました。

 

 

 

そんなレッドウッドの中でもフレイム杢が入るものはやはり希少です!

これが今後BACCHUSのどのモデルに使用されていくのか、ご期待下さい!!

ブックマッチの目印
ブックマッチの目印

ちなみに木目をボディトップで綺麗に見せる場合、ブックマッチという真ん中で接ぐ材の使用が一般的とされています。

 

角材をボディトップに使用できる厚さにスライスして本を開くように合わせると、ちょうどボディの中央で木目が揃います。

そこで飛鳥工場では画像のような感じでスライスした2枚がはぐれないように板の横にマークが入れられています。