ウェブサイト移行のご連絡

Bacchus Guitarsウェブサイトにお越し頂きありがとうございます。Bacchusウェブサイトは下記urlにリニューアルいたしました。

http://www.deviser.co.jp/bacchusguitars

こちらのページは2017年3月半ばに閲覧できなくなりますのでご了承ください。

 

-------------

Click the link below to jump to Bacchus new website

http://www.deviser.co.jp/bacchusguitars


ウェブ検索 サイト内検索
Deviser ホームページはこちら
Deviser ホームページはこちら

Andy Santana


【所有モデル】

Global series / WL-501

 

【プロフィール】

詩人、作曲家、音楽家であった祖父と父親の影響を受け、16歳のときにキューバのMartha Abréu音楽学校にてベーシストとしての道を歩み始める。3年の後学校を卒業し、東洋音楽、フラメンコ、ラテン音楽など混在した音楽性を持つバンド『Aceituna sin Hueso』に加入。1年後、より商業的なスタイルを持つ、7人のキューバ音楽家からなるバンド、『Moneda Dura』にてベースを担当する。

2004年メキシコに移住し、David Torrensのバンドに加入。その後キューバに戻り、ミュージシャン仲間とキューバのラテン音楽をコンセプトに持つバンド、『Habana en Clave』を結成。2006年から2009年までロンドンの著名なラテンアメリカ系レストラン『EL Floridita』にて雇われる。2009年の冬から北京の『Casa Latina』に雇われ、中国に移住。契約終了後も中国に居住することを決断。

以後、中国全土の都市で世界中から来た多様なスタイルのミュージシャン達と共演する。

ベース、ギター、ドラム、ピアノの演奏に加えてボーカルも務める。主要なジャンルはラテン音楽、ジャズ、ラテンジャズ。現在は上海に居住し、TV収録、フェスティバル、ツアーなど精力的に活動している。

 

http://www.andysantanabass.com

http://www.facebook.com/andy.santanagonzalez

http://www.youtube.com/ammielim

 

【コメント】

このベースに出会えて嬉しいです。とても弾きやすく、見た目もエレガントで、音も良いです。

自分の得意とする演奏スタイルはスラップですが、このベースによって更に上達することが出来ました。ポップ、ジャズ、ロック、ラテン、どんなスタイルの音楽を演奏するときでも、弾きやすさを感じます。まるで自分の手とベースがお互い理解しあって、勝手に演奏し始めるような感じです。

私の経験では、このベースを手にしたときから新しく身に着けようとしているテクニックが向上しだしました。だからこの製品をとてもお勧めします

 

 

【Gear】

Global series / WL-501 

 

【Bio】

Andy Santana, following his grandfather and father poet, composer & musician careers, at age of 16 started his music career in the Martha Abréu Conservatory in Villa Clara City playing the bass.

After 3 years, he graduated and became part of a famous local band called "Aceituna sin Hueso" which was a mixture of oriental, flamenco & Latin music.

After a year, he covered for 3 months the bass in "Moneda Dura", a band of seven Cuban musicians with a more commercial style.

In 2004 he moved to Mexico City, being part of David Torrens'band. Later, he went back to Cuba & with other musicians created the band "Habana en Clave", a Cuban Latin concept. The band was fast hired by a London famous Latin restaurant & bar, "El Floridita" from 2006 to 2009. Then in winter 2009, the band was hired & they moved to Beijing to play in "Casa Latina". After the end of the agreement, Andy decided to stay in China. He saw a lot of musical opportunities and since then, he has been playing with different musicians from around the World in different cities of China.

He plays bass, guitar, drums, piano & sings. His aims are Latin music, Jazz and Latin Jazz. Andy Santana right now lives in Shanghai, working for TV recording, huge events, and tours.

http://www.andysantanabass.com

http://www.facebook.com/andy.santanagonzalez

http://www.youtube.com/ammielim

 

【Comment】

I'm so glad to find this bass! Its very easy to play, elegant, lovely and with a very good sound. I think one of my better skills, or what i like more is the slap style. With this bass I really improve it much more! Also i feel it so easy each time i play no matter what, for example: pop, jazz, rock or Latin. Its like my hands and the bass really understand each other and they go alone!  

It is my pleasure to show you this bass , because in my experience when i got this bass in my hands I start to improve all new techniques, that i'm getting now, after years playing bass.